モヘンジョダロの遺跡


ユーキャン通販ショップ 「世界遺産紀行 DVD全10巻 」

世界遺産紀行 DVD全10巻


「栄光の古代文明」 「モヘンジョダロの遺跡(パキスタン)」

モヘンジョダロは、インダス文明最大級の都市遺跡です。

また、『モヘンジョダロの遺跡群』は
ユネスコにより、1980年に、世界遺産に登録されました。


画像引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モヘンジョダロの遺跡群

インダス文明が、他の文明と際立った違いを見せつけているのは、
その徹底した計画性とともに、全ての市民が、
平等に都市生活を享受していたと思われることでした。


モヘンジョダロ

※再生開始まで多少お時間がかかる場合がございます
※実際の商品はこのサンプルより高画質でご覧いただけます


忽然と消えた モヘンジョダロ


『モヘンジョダロ』の意味は、
現地の言葉で、「死人の丘」だそうです。
発掘に来ていた考古学者に、地元の古老が、
「あそこに近寄ってはならぬ。 あそこは死人の丘だ。」と言ったそうです。
実際、都市に約4万人住んでいたですが、忽然と消えてしまいました。

モヘンジョダロ

画像引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近年の研究では大規模な洪水によって一気に衰退したと考えられています。


また、「とんでも説」もありまして・・・。

モヘンジョダロには『ガラスになった町』と呼ばれている部分が
ありまして、この地帯だけ無惨な風景になっていて、ここが、
オカルティスト達に言わせると古代に核戦争のあった場所だとされています。


核戦争

『ガラスになった町』は、
縦横800メートルほどに
渡って異様な形をした
黒い石のようなものが散らばっているのですが、科学調査によると どうやらその石は非常に短時間で超高熱で焼かれたらしく、
それが起こり得るのは自然現象では
火山爆発しか
ありえないらしいのですが、
その周辺では火山はありません。

しかし、我々が知る中でもう一つその現象が起こる場合があります。

アメリカが核実験をしたときに全く同じような黒い石が発見さけているのです。
このことからインドで古代、核戦争が起きた可能性が示唆されています。

しかも、『ガラスになった町』で見つかった遺体らしき物体46個に、
突如、死がやってきたような状態超高熱で加熱された痕が残っているのです。

では、そんな現代の常識で考えて古代に核戦争が、
起きたと本当に考えられるでしょうか?

もちろん、それに対して反論があります。

それは・・・。

モヘンジョダロ

「モヘンジョダロが核攻撃されたのであれば、モヘンジョダロに高度な
超古代文明の探索を求める事は無意味である。
なぜならば、攻撃した側の文明に核兵器を製造する高度な技術が有するので
あって、攻撃された「モヘンジョダロ」に
高度な技術が在ったわけではないからである。」

「どこの文明が核兵器を製造したかを証明すべきである。」

「一部のレンガのガラス化で、核爆発の後遺症は説明できない。
核爆発の後遺症があまりにも極所的である。」

「モヘンジョダロの遺体は、現在、モヘンジョダロの繁栄期以降に
異民族による大虐殺と破壊が行なわれた事が分かっており、
発見されたのは、その時の犠牲者達の一部である。」

などです。


突如滅んだ人類最古の計画都市。外敵に滅ぼされたのか?
洪水に没したのか?はたまた、核兵器を投下されたのか??

「世界遺産DVD 第1巻 栄光の古代文明」のモヘンジョダロで、
発掘された人骨がその秘密を語りかけます。


ユーキャン通販ショップ

栄光の古代文明

シルクロードと東西交渉

ルネサンス

リンク集

お知らせ